Steamアーリーアクセス中のゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』ミーシャルート4章アップデート!

インディーゲームパブリッシングブランドの「PLAYISM」は、ゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』にミーシャ同行ルート第4章を追加するアップデートを実施しました。
『いのちのつかいかた』は日本の個人開発者だらねこ氏が開発し、現在Steamにてアーリーアクセス中です。

これまでプレイヤーが行ってきた数々の「選択」の結果により本ルート最後の分岐が行われ、完結となる最終章へとつながります。
なお、本ルート完結となる終章は現在鋭意開発中で、2024年前半に公開予定とのことです。


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

良質なインディーゲームを世界に届けるPLAYISM(プレーイズム)

Steamでアーリーアクセス中の
ゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』
ミーシャルート4章アップデート!

インディーゲームパブリッシングブランドの“PLAYISM”(https://playism.com/)(運営:株式会社アクティブゲーミングメディア)は、日本の個人開発者だらねこ氏が開発する、現在Steamにてアーリーアクセス中のゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』にミーシャルート第4章を追加するアップデートを実施しました。

いのちのつかいかた ミーシャ同行ルート 第 4 章アップデート内容

『いのちのつかいかた』は「選択」が非常に重要になるゲームです。第2章は、プレイヤーの選択によって、やり直しがきかない2つのルートに物語が大きく分岐します。そのうちの一つ「ミーシャ同行ルート」の第3章までをアーリーアクセスで公開しておりました。今回追加する第4章では、プレイヤーがこれまで行ってきた数々の「選択」の結果で、ゴーシュの「いのちのつかいかた」がついに最後の分岐を迎え、本ルート完結となる最終章へとつながります。物語は終盤にふさわしく、多数の強敵や巨大なボスがゴーシュに立ちはだかります。詳細は是非アップデートした第4章をプレイしてお確かめください。なお、本ルート完結となる終章は現在鋭意開発中で、2024年前半に公開予定です。

ミーシャ同行ルート第4章:あらすじ

第3章で竜を倒す力を得るために、或いは生き残る術を見つけるために、砂漠のどこかにある「パーラ・ガーヤの民」の遺跡を目指したゴーシュとミーシャ。 砂漠を乗り越えてそしてその入り口と思わしき場所にたどり着いたが、そこには自分と同じ呪われた力を持つ「禍憑き」の戦士が待ち構えていた。 辛くも勝利したゴーシュ達だったが、強大な流砂に巻き込まれてしまう。
第4章は流砂に飲み込まれたあと目を覚ましたところから開始となる。 ゴーシュは己の願いを叶えるために、「禍憑き」の秘密を知る人物と共に行動し、かつて“竜殺し“を夢見た古代パーラ・ガーヤの民と戦い彼らの記憶を垣間見る。 第3章の最後に現れた謎の人物たちは何者なのか?古代パーラ・ガーヤの民に何があったのか?様々な謎が渦巻き、終盤にさしかかり様々な強敵や巨大なボスが多数立ちはだかる。 そして章の最後では、ゴーシュ自身の「いのちのつかいかた」を迫られ、異なるエンディングへと繋がる最後の分岐を迎える。

第4章詳細 

  • ゴーシュの「いのちのつかいかた」を決める物語は、いよいよ終盤へ。次章が本ルート最終章となります。
  • ここに至るまでにあなたが行った数々の選択の結果で、本ルートの最後の分岐が行われ、物語の結末が決まります。
  • 終盤にふさわしく、多数の強敵やボスが登場し、ゴーシュの前に立ちはだかり怒濤のバトルが繰り広げられます。
  • 第3章ではレベル3までの制限があった上位クラスもレベルMAXまで解放。新たに強力なスキルを獲得できます。

いのちのつかいかた ゲーム 概要

『いのちのつかいかた』は、日本の個人インディゲーム開発者だらねこ氏が開発するゲームブック風マルチエンディングRPGです。

「いのちのつかいかた」で結末が変わるシナリオ

このゲームでは、プレイヤーの選択によって主人公の「執着」が変動し、考え方が変わっていきます。エンディングは旅を通して決めた「いのちのつかいかた」によって変化します。主人公が己の「いのち」を自分のためにつかうのも、他人のためにつかうのも、それは全てプレイヤーの選択次第です。エンディングはその生き方の結末であり、いわゆるGoodEndやBadEndは存在しません。

ゲームブック風のイベント

このゲームではゲームブック風の独特なナレーションと共にイベントが進み、時にはTRPGのようなダイスロールで判定を行いながらイベントを進めていきます。同じイベントでも、自分が選んだ行動や判定の結果によってその内容は変わります。安全かつ慎重に進むのも、雄々しく闘争に身を投じるのも、それはプレイヤー次第です。そしてその行動は、主人公の考え方にも影響していきます。

『静と動』をテーマにした緊張感のあるバトル

本作のバトルは、「コマンドバトルの戦略性」と「QTEのアクション性」を融合させているのが特徴です。
お互い1ターン中に3回行動する中で「敵の強烈な攻撃をどう捌くのか?」「いかに大技を叩き込むのか?」といった、プレイヤーの腕と戦略が勝敗を左右します。

勝てなかった敵であっても、何度か挑戦するうちに戦い方が分かって勝てるようになるゲームです。特にボス戦では、生きるか死ぬかの緊張を乗り越え、強敵を倒した時の達成感が得られる体験を目指しています。

キャラカスタマイズ

呪いによって力を手にした主人公は、「死」に触れることで自分の好きな能力を強化できます。どの能力が高いかで各イベントの成功率も変わってくるため、バトルだけでなく普段のイベントにも大きく影響します。また、レベルアップしクラスを強化することで、様々なスキルが習得できます。

製品情報

https://youtu.be/6GXcNi0Bzjs 
タイトルいのちのつかいかた
開発元だらねこげーむず
販売元PLAYISM
ジャンルゲームブック風マルチエンディングRPG
対応機種Steam
発売アーリーアクセス中
対応言語日本語・英語・簡体字・繁体字
価格1,780円(税込)
プレイヤー数1人

© Daraneko Games All rights reserved. Licensed to and published by Active Gaming Media Inc.

※画面はすべて開発中のものです。
※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。© 2023 Active Gaming Media Inc.